TOP > 取り扱い内容 > 各国の政治・経済分析  > Economist Intelligence Unit /EIU > Worldwide Cost of Living (WCOL)

会社名 : Economist Intelligence Unit /EIU

Worldwide Cost of Living (WCOL)

 

WCOLは世界90ヶ国以上の140都市間における生活費を比較するデータベースです。比較基準とする都市と、物価情報などお知りになりたい比較対象国を設定し、食べ物、衣料、雑貨、住居、学費など約160項目に関し、スーパーマーケット、一般店、高級ストアにおける3種類の価格帯で比較可能です。主に国際企業の海外赴任社員の給料計算や、新規投入製品の価格検討などマーケティングにご利用頂いております。


(主な物価品目)

この調査は、各都市における160以上の物品項目の詳細データを収集しています。一回の調査で50,000件以上の物価データを収集し、毎年6月と12月に調査を更新します。生計費指数は、2都市間の生計費の差を表す物価データから計算します。物価は次のように分類します。

1. 食品 8. 家事費
2. アルコール 9. レクリエーション
3. 家庭用品 10. 交通

4. 日用品

11. 家賃
5. タバコ 12. 教育・医療・スポーツ娯楽関連
6. 衣服 13. 出張旅費
7. 公共料金 14. 可処分所得 (対象外都市有り)

WCOL掲載の価格はEIU調査員が毎年2回行います。価格は3種類の価格帯で調査している為、流通チャンネル別で比較が出来ます。この価格は、店頭実勢価格です。


(特徴

  • 多数の都市の生活費の格差を比較が可能です
  • 特定都市の物価レベルと事業費の全容を把握する為に役立ちます
  • データを直接エクセルでダウンロードが可能です
  • オンライン上で折れ線グラフなどのグラフ表示が可能です
  • オンライン上で、給与計算などの機能が付属しています

wcolchart.png

wcolchart2.PNG

wcolchart3.PNG

パンフレットを見る


2009.06.11[経済・市場データ]