TOP > 取り扱い内容 > 各国の政治・経済分析  > Economist Intelligence Unit /EIU > Energy Briefing & Forecast エネルギー産業動向と予測

会社名 : Economist Intelligence Unit /EIU

Energy Briefing & Forecast エネルギー産業動向と予測

主要産出・消費国のエネルギーセクターに関する、各種データ及び予測と分析 

E%20Image%201.jpg

 

エネルギーを安く確実に確保する事は経済成長において基礎的かつ重要な活動です。しかしながらオイルを始めとしたエネルギーの重要性は、中国やブラジルに代表される新興市場各国の急激な経済成長により、資源確保の競争と共に増しています。また、これら新興国を軸に変化する国際情勢のほか、温暖化ガスの排出量および予想される気候変動も、各国におけるエネルギー資源の多様化や新たな技術革新への政策に占める重要な懸念材料です。このように、昨今のエネルギーを取り巻く世界情勢はこれまで以上に複雑になり、ポスト化石燃料時代としてグローバルレベルで大きなうねりが起きています。このような大きな変革が起きている世界のエネルギー環境の展望を、詳細なデータと分析レポートにていち早く提供するのが、このEIU Energy Briefing & Forecastです。 

 

EIU Energy Briefing & Forecastの概要

 

E%20Report%20Image%202.jpg

   E%20Report%20Image%201.jpg

 

エネルギー産業における重要な市場に関して、国レベルでの需給予測(2020年までの未来予測)と共に、各国の政治政策・経済がどのようにエネルギーセクターに影響与えるか、を提供致します。このオンラインサービスは、国際エネルギー機関(IEA)の提供する各国横断比較可能なデータと、EIUの政治経済および産業に関する予測データを入手できます

 

使用例

-各国のエネルギー需給予測の展望は?

-国vs.国、地域vs.地域での予測比較や産業セクター別需給比較

-石油、石炭等の化石燃料と二酸化炭素排出量の変移の関係は?

-「エネルギー消費量」は上昇もしくは下降をたどるのか?

-各国のエネルギー消費等の構成概要はどのように経済と人口統計に関係してくるのか?

-中国の経済成長は、二酸化炭素排出関連へどのように影響を及ぼすか?

-競合他社はどこでどのようなアクションを起こしているか、起こそうとしているのか?

 

※詳細内容は、ページ最下部より英語版PDFパンフレットをご覧下さい。 


 

提供内容

 

オンラインレポートと②データベースの2部構成になっています 

 

 

①オンラインレポートの種類

-時事ニュースに対する、見解記事

-主要注目テーマに対する、EIUアナリスト考察検証レポート

-国別でのエネルギー部門の展望分析レポート   

-大手企業の概況レポート   

 

E%20Text%20Image%201.jpg         E%20Text%20Image%202.jpg

 

②データベース収録内容  

データレンジ:1990年~2020年(最長)

データ項目数:260

対象国数:69カ国

2010年現段階の状況であり、対象国や項目によっては例外有り。

 

E%20Datatool%20Selection%20Image.jpg     E%20Datatool%20Table%20image.jpg      E%20Datatool%20Linechart%20image.jpg

 


 

データ項目の概要紹介

※詳細データ項目は最下部PDFパンフレットを参照下さい

 

●エネルギーミックス

其々の消費量と総量に対する割合  ・セクター別消費量と総量に対する割合
 オイル精製品   電力部門 
 天然ガス   工業部門 
 電気   交通輸送部門 
 石炭    住宅部門 
 原子力   商業・公共部門 
 水力   その他 
 地熱   
 再生可能エネルギー   
 ソーラー、風力、その他   

 

●電気 (需要、キャパシティー、発電量、海外取引量)

●オイルおよびオイル精製品 (需要量/割合/変化率、供給量、原油精製量/拠点数/キャパ、海外取引量、ストック)

●天然ガス (セクター別需要量/割合/変化率、供給、海外取引量、ストック)

●石炭 (セクター別需要量/割合/変化率、供給量、海外取引量、ストック)

●原子力 (需要量/割合/変化率、拠点数)

●再生可能エネルギー (需要量/割合/変化率、 バイオ燃料需要量)

●CO2排出量 (総排出量、エネルギー別排出量の割合/変化率、京都指標)

●価格 (石油、天然ガス、石炭、灯油、ガソリン、軽油、電気先物価格/UK基準、CO2排出枠先物取引/ECX

●EIU分析指標 (一人当たりエネルギー消費量、消費量に対する輸入割合、対グローバルレベル指標、etc)

●マクロ指標 (実質GDP成長率、可処分所得、為替レート、人口構成、個人消費率、労働力構成、雇用賃金、自動車登録台数、etc)

 


 

対象国一覧

 

アジア オセアニア圏

インド、インドネシア、ヴェトナム、オーストラリア、韓国、シンガポール、タイ、台湾、中国、日本、ニュージーランド、パキスタン、フィリピン、香港、マレーシア

 

ヨーロッパ圏

アイルランド、アゼルバイジャン、イギリス、イタリア、ウクライナ、オーストリア、オランダ、カザフスタン、ギリシャ、スイス、スウェーデン、スペイン、スロバキア、チェコ共和国、デンマーク、ドイツ、トルコ、ノルウェー、ハンガリー、フィンランド、フランス、ブルガリア、ベルギー、ポーランド、ポルトガル、ルーマニア、ロシア

 

中近東、北アフリカ、サハラ以南アフリカ圏

アラブ首長国連邦、アルジェリア、イスラエル、イラク、イラン、エジプト、オマーン、カタール、クウェート、サウジアラビア、リビヤ

アンゴラ、ナイジェリア、赤道ギニア、チャド、南アフリカ

 

アメリカ圏

アルゼンチン、ヴェネズエラ、エクアドル、コロンビア、チリ、トリニダードトバゴ、ブラジル、ペルー、メキシコ、 アメリカ、カナダ

 

パンフレットを見る (英語版PDF)


2012.06.18[最新情報]